ささくれ 化膿 治療

化膿したささくれの治療法

指や爪にできたささくれは
無理やりはがしてはいけません。

 

無理にはがして傷ができてしまうと
その傷口から細菌が入り込んでしまいます。

 

また、自分ではがさなくても服にひっかかって
はがれてしまうということもあるでしょう、

 

そうなった場合置しておくと化膿してしまいますので、
すぐに消毒し菌が入りにくい状態を作るようにしましょう。

 

ひょうそ

ささくれが化膿し、指先や爪の周りが腫れてしまう
症状のことを「ひょうそ」と言います。

 

ひょうそはカンジタ菌に感染したときにも表れる症状ですが、
黄色ブドウ球菌や連鎖球菌などが感染した場合でも起こります。

 

ひょうその治療は指先にたまった膿を出すことが先決となるのですが、
症状が重い場合だと、爪をはがしてから膿を出さないといけません。
強い痛みを伴うため、症状が悪化する前に早めに医師に相談しましょう。

 

 

症状が軽い場合は中の膿を出して薬を塗って終わりです。

 

しかし、症状が重くなっていて爪をはがすとなると、
爪がはえてくるまで消毒を長期にわたって繰り返さなければ
なりませんので時間も費用もかかります。

 

小さな傷だしすぐ治るだろうと無理やりささくれを
むいたり放置したりすることは避け早期治療につとめましょう。