指のささくれをすぐ治す!ささくれの取り方

ささくれの予防なんてどうてもいいから
今できているささくれをなんとかしたい!

 

という人も多いと思いますので、
ここではパパっとその方法を書いておきます。

 

ささくれの取り方

まず当たり前ですが自分で剥いてはいけません。
うまくいかないとささくれをとるどころか怪我をしてしまいます。

 

私がささくれを切るのに使っているのは爪きり

 

ニッパーでもいいのですが、ニッパーは刃先に段差が
付いていて根元までしっかり切れないことがあるので
爪切りを使っています。

 

といっても爪きりでも
完全に根元まで切れるわけではありませんが、
気にならないくらいまでは切れています。

 

ただし、これはささくれができているだけの場合。
ささくれが深く怪我をするくらいになっていると、
爪切りからばい菌が侵入して悪化してしまいます。

 

ささくれ専用に爪きりなどを用意しておけば良いですが、
手足の爪を切った爪切りをそのまま使うのは不衛生
ですので使わないようにして下さい。

 

どうしても使う場合には使う前に消毒しましょう。

 

 

残った根元が気になる場合

もし根元に残ったささくれが気になるという場合、
絆創膏や液体絆創膏を使いましょう。

 

絆創膏は水仕事をするときなど邪魔に感じるので
そういったときは液体絆創膏の方が便利です。

 

ささくれ処理におすすめの爪きり ささくれ切り
仕事中や外出中に!ささくれを保護する液体絆創膏