指先の腫れから膿を出す方法とその注意!ささくれ、巻き爪、ひょうそなど

ささくれや怪我が原因となって指先が化膿し、
膿が溜まってしまうことがあります。

 

そうなってしまったら痛みを伴うため
日常生活に支障がでるため早めになんとかしたいもの。

 

病院で診てもらうのが一番ですが、
これくらいの事で病院に行くのは…
と躊躇ってしまうひともいるでしょう。

 

そんな時は十分に注意して膿を取り除きましょう。

 

ささくれの膿を出す方法

自分で膿を出すことは症状を悪化させてしまう

恐れがあるためおすすめできるものではありません。

 

自己責任でお願いします。

 

 

膿を出す方法といえば
腫れている場所に針をさして膿を出す方法

 

腫れている箇所が白や緑色に変色していて、
そこに膿が溜まっていると分かる場合には
針を刺すことで膿を出すことができます。

 

しかし、腫れているだけで変色が見られない場合。
この場合は腫れているだけで膿がないこと、
もしくは奥の方に膿が溜まっていることが考えられます。

 

どちらの場合でも針で刺したところで膿は出ません。
痛みを伴うだけですし刺したところから細菌が侵入し、
さらに悪化してしまうこともあります。

 

後者の場合には爪をはがすといった
大掛かりな治療が必要なので皮膚科で診てもらいましょう。

 

 

針を使う際の注意

症状を悪化させないためにも
十分に針を消毒しましょう

 

ライターであぶってから
マキロンなどの消毒液を塗れればベストです。

 

爪きりを使う人もいますが爪切りは衛生上おすすめできません。
(針は問題ないのかというと微妙ですが)

 

また、膿を出した後そのままにしておくと
再び細菌が侵入してしまうのでしっかり消毒し、
絆創膏をはって保護しておきましょう。

 

こういう時に液体絆創膏が便利だと思ってしまいますが、
液体絆創膏は化膿しているところには使ってはいけない
と書かれているので普通の絆創膏を使ってください。
*コロスキンの使用上の注意より