ささくれ 病気

ひっかかる!痛い!爪にできたささくれの対処法

ささくれは指でなく爪にできてしまうこともあります。

 

爪切りなどで切り取ることができればいいですが、
位置によっては取りきれなかったり取れたはいいものの
爪が変な形になってしまうこともあります。

 

こうなると服を着るときにひっかかってしまい、
引っ張られて痛みを感じるだけでなく、
最悪もっとはがれてひどくなってしまいます。

 

また、それだけでなく人に怪我をさせてしまう危険性もあります。
自分のためにも人のためにもしっかりと対処しましょう。

 

残ったささくれの対処法

液体絆創膏

こんなときに便利なのが液体絆創膏
液体絆創膏は塗ったところに皮膜を作り保護してくれるものです。

 

絆創膏と名のつくとおり本来は指に使うものですが、
これを付けておけば爪を保護するだけでなく、
人に怪我をさせてしまう危険性もなくなります。

 

 

アロンアルファ

液体絆創膏以外に使えるのがアロンアルファ、接着剤です。
残ったささくれがひっかからないようにくっ付けてしまいましょう。

 

アロンアルファの場合は液体絆創膏と違って固くなるので、
固くなった部分がざらざらしていると怪我をしてしまう場合があります。
爪きりにに付いているヤスリでかるく磨きましょう。

 

ちなみに爪にアロンアルファを塗るというのは爪を補強するために
有名な方法でクラシックギタリストなどが使っています。

 

ただし、指のささくれはもちろん、
爪のささくれでも周りに怪我がある場合には使わないようにしましょう。

 

応急処置に便利な液体絆創膏