指 ささくれ 原因 ケア

指にできるささくれの原因

冬など乾燥した季節になるとよくみかけるささくれ。

 

服を着る時に引っかかり痛みが生じるなど
何かとやっかいなのでなんとかして治したいもの。

 

まずはどうしてささくれができるのか?
その原因を知っておきましょう。

 

指にささくれができる原因

ささくれができる原因は色々ありますが、
共通するのは皮膚が正常な機能を失っていること。

 

皮膚の機能は
外からの刺激から体内を守ることや
体内の水分を外へ逃がさないなど。

 

これらが環境や体質によってうまく機能しない場合に、
指先から皮がはがれささくれとなってしまいます。
その具体的な大きく3つあります。

 

乾燥

手の洗いすぎや、
外の環境乾燥に伴い皮脂が少なくなる。

 

栄養不足

皮膚を作るたんぱく質やビタミン、ミネラルの不足。

 

洗剤や薬剤による炎症

洗剤や消毒用アルコールが肌に合わない、または使いすぎ。

 

 

ささくれ対策

乾燥はクリームを使う、
栄養不足はしっかり栄養を取る事で改善できます。

 

水仕事は減らす事ができればいいですが、
主婦や仕事上必要な場合にはそうもいきませんね。

 

しかし特に洗い物の場合、
食べ残しやお皿に付いている雑菌に触れますので、
ささくれの箇所にそれらの雑菌が入り込み爪周囲炎
になってしまうことも考えられます。

 

そのためゴム手袋を使うなどして
皮膚に直接洗剤が付かないように工夫しましょう。

 

>>ささくれに予防に効果的な食べ物
>>ささくれができた・悪化した場合の対処法